アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[製品サーベイ]

各社各様の労働条件にきめ細かく対応 賃金と勤務時間の適正化に生かす

2010年7月12日(月)

勤怠管理ASP/SaaS 複数拠点の従業員の勤務状況を正確に把握する上で、勤怠管理システムに注目が集まっている。労働者の雇用形態が多様化し、全従業員の給与算出業務の負担が増していることも背景にある。そこで今回、選択肢の多い勤怠管理ASP/SaaSに焦点を当てトレンドを整理する。

従業員の出退勤時間を把握するのに紙のカードに印字するタイプのタイムレコーダを利用している企業はいまだ少なくない。だが、多くの支店や店舗、工場を展開する企業にとって、拠点ごとのタイムカードを毎月収集するのは手間がかかるし、給与を算出するために出退勤時間を逐一集計する作業負担も大きい。

こうした課題を解決するものとして勤怠管理システムがある。出退勤時刻を電子的なデータとして取り扱い、全従業員を対象に自動収集するのはもとより、雇用形態や給与体系、勤務時間など従業員ごとに異なる労働条件を一元管理し、出勤時間に応じた給与算出作業を効率化する。勤務状況を正確に把握することで、企業は残業代の不払いや不正な残業による賃金の過払いを是正することができる。

給与計算システムとの連携は不可欠

勤怠管理システムの基本となるのは、従業員が出勤、退勤した際の時刻データを自動収集する機能だ。従業員自らが時刻を記録(打刻)する方法は利用場所や業務内容に応じてさまざまな選択肢がある(詳しくは後述)。収集した打刻データは給与計算ソフトなどが取り込めるようCSV形式のファイルなどにして出力する。そのほか、給与算出に必要な休暇取得数も管理。休暇を申請するワークフロー機能を備えるほか、従業員の勤務スケジュールを作成できるものが多数を占める。

給与計算ソフトやERPパッケージの一機能として勤怠管理を備えるものもあるが、すでに給与計算システムを導入している企業向けに、勤怠管理機能を単体で提供するベンダーも多い。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

各社各様の労働条件にきめ細かく対応 賃金と勤務時間の適正化に生かす勤怠管理ASP/SaaS 複数拠点の従業員の勤務状況を正確に把握する上で、勤怠管理システムに注目が集まっている。労働者の雇用形態が多様化し、全従業員の給与算出業務の負担が増していることも背景にある。そこで今回、選択肢の多い勤怠管理ASP/SaaSに焦点を当てトレンドを整理する。

PAGE TOP