[製品サーベイ]

極小サーバーをぎっしり詰め込み 用途特化で“非仮想化”の強みを訴求

2013年7月23日(火)折川 忠弘(IT Leaders編集部)

省電力プロセサを採用した極小の物理サーバーを筐体に詰め込んだ「高集積サーバー」。そこそこの性能を備えた大量のサーバーで、並列分散処理などの用途に応える。物理環境のまま使用することを前提とした、新たなカテゴリの動向を整理する。

“ベアメタル”という言葉は、サーバーにおいては「物理サーバー」を指す。サーバーは仮想化するのが常識と考えられつつあるが、ベアメタルとして利用することを想定したサーバー製品がここに来て次々にリリースされ始めている。それが「高集積サーバー」、あるいは「高密度サーバー」と呼ばれるカテゴリの製品だ。

ベアメタルをクラウド経由で利用可能に

仮想化せず、物理サーバーのリソースをクラウド経由で調達できるようにする動きが出始めた。

OpenStack Foundationは2013年4月、IaaS構築ソフト「OpenStack」の新版「Grizzly」(コードネーム)を発表。仮想サーバーを調達するのと同様の操作方法で、物理サーバーを調達できる「ベアメタルプロビジョニング」と呼ぶ機能を追加した。OpenStackを使ってクラウドを構築すると、サーバーリソースを仮想か物理か選択利用できるようになる。

この技術は、仮想化技術を用いることで生じる応答速度の遅延を解消するため、NTTドコモが開発したもの。物理サーバーを使ったサービスの応答速度は、仮想サーバーを利用したときに比べて、10〜50%程度は改善できるという。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

極小サーバーをぎっしり詰め込み 用途特化で“非仮想化”の強みを訴求省電力プロセサを採用した極小の物理サーバーを筐体に詰め込んだ「高集積サーバー」。そこそこの性能を備えた大量のサーバーで、並列分散処理などの用途に応える。物理環境のまま使用することを前提とした、新たなカテゴリの動向を整理する。

PAGE TOP