[製品サーベイ]

テープ運用のスタイルを変えずにディスクの恩恵を受ける「現実解」として活用

2011年12月14日(水)

仮想テープライブラリ テープ装置を前提としたバックアップソフトや運用プロセスなどを生かしながら、技術革新が著しいディスクの世界にソフトランディングしたい。そんなニーズに応えるのが仮想テープライブラリ(VTL)である。主要製品の動向を調べた。

企業が取り扱うデータ量は増加の一途をたどり、ストレージに対する要件は、複雑かつ高度なものになっている。ベンダー各社は次々と新技術を投入し、しのぎを削っているのは周知の通り。今、IT業界で最もホットな市場の1つといっていいだろう。

ストレージと一口に言っても、そのカバー範囲は広い。業務で「日々使う」データの格納場所としての用途もあれば、「万一に備えた」リカバリ用途もある。データを実際に格納するデバイス(メディア)に着目すると、ディスクやテープ、SSDなどいくつかの種類がある。目的に応じて、適材適所で多様なストレージ製品を使い分けているのが現状だ。

慣れ親しんだテープ運用をあえて変更したくないとの声

バックアップやアーカイブなど、「頻繁にアクセスすることのないデータを長期的に保存する」といった用途では、メディアとして長らく「テープ」が使われてきた。コストパフォーマンスが高かったのが一番の理由だ。

もっとも、ディスクの高密度化や価格低下はどんどん加速している。しかも、ディスクはテープに比較してコピーが速かったりメカニカルなトラブルが少ないといった特徴がある。自然に考えるなら、テープはどんどんディスクに置き換えられることになるだろう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

テープ運用のスタイルを変えずにディスクの恩恵を受ける「現実解」として活用 仮想テープライブラリ テープ装置を前提としたバックアップソフトや運用プロセスなどを生かしながら、技術革新が著しいディスクの世界にソフトランディングしたい。そんなニーズに応えるのが仮想テープライブラリ(VTL)である。主要製品の動向を調べた。

PAGE TOP