データ経営のあり方を再考する

デジタルトランスフォーメーション推進における重要アプローチの1つがデータドリブン経営で、データマネジメントを起点としたデータ活用の巧拙が企業競争力を大きく左右することになる。企業はすでに保有するデータ、これから手にするデータは種類も量も加速度的に増える。問題は、どうやってそれらをビジネス価値に結びつけるか。ヒントとなる記事を厳選して紹介する。

トレンドピックアップ

ブルーオーシャンを開拓し続けるワークマンの「データ経営」
「他社と競うことなく、常にブルーオーシャン開拓を目指す」ことで急成長を遂げてきたのが、作業服小売大手のワークマンだ。その独自の経営戦略は、...続きを読む
「データ専門家いらずの機械学習」は本当か?「Driverless AI」の特徴と仕組み
https://it.impressbm.co.jp/mwimgs/f/9/500/img_f9d9401212994324a76ea2d9af9ac780110262.png
データサイエンティストなど、データ分析・活用で高度なスキルを持つ人材の獲得がきわめて困難になっている。そんな中、専門家を雇わずとも ...続きを読む
IoTとデータマネジメントは密接不可分―米ガートナーのアナリストが語る
「IoTはこれから本格化する。CIO、情報システム部門はデータマネジメントの再考を急ぐべきだ」――。米ガートナー(Gartner)のバイスプレジデント兼 ...続きを読む
ディープラーニングがデータ分析市場の成長に寄与、ミック経済研究所調べ
図1:AI/DL活用案件とAI/DLを活用していない案件の売上高・伸び率の比較(出典:ミック経済研究所)
IT市場調査会社のミック経済研究所は2019年1月17日、国内のビジネスアナリティクス市場動向を分析したマーケティング資料「ビジネス・アナリティクス ...続きを読む
「データレイク」はデータウェアハウスとどこが違うの?
IT用語が、生まれては消え、またときに息を吹き返しています。今回はビッグデータやアナリティクス、ストレージの分野で最近よく聞く「データレイク」 ...続きを読む

データをビジネス価値に転換するアプローチ

データドリブン経営の実践に向けて、データトランスフォーメーションのための変革のポイント
急速に変化していく市場を勝ち抜く鍵として「データドリブン経営」が注目されている。しかし、果たしてどれだけの企業が真の意味でそれを実践できているだろうか。PwCコンサルティングの高橋功氏は、「データマネジメント...続きを読む
世界140万人以上の技術者の知見が活用できる「Topcoder」の仕組みと先端システムの開発事例
「Topcoder」は世界各国の高度IT人材が登録するコンテスト・プラットフォームである。欧米では政府機関や大手製造業、大手ネット企業などが高度なアルゴリズムの開発やビッグデータの分析、分散データ管理といった...続きを読む
行動に潜むニーズを顧客データから洗い出す! AIの自動分類が営業高度化の“鍵”に
売上向上のために企業では顧客データの活用が長らく進められてきた。ただし、取り組みは成果を約束されたものではなく、むしろ効果を感じられないことを嘆く声も多い。果たして売り上げに直結する顧客データの活用法とは...続きを読む
デジタル化を実践する上で重要なのは「Why-What-How」
――部分最適に陥らないためのプロセスとプラットフォームの在り方とは
近年の企業は、業種や企業規模を問わず、デジタル技術を活用したビジネス変革や新事業の創出の取り組みを求められているが、デジタル化に着手する際には、「そもそも何故デジタル化を行うのか?」という点を考慮しなければ...続きを読む
新生Clouderaが始動、エッジからAIまでカバーした業界初のエンタープライズ・データ・クラウド
2019年1月、ClouderaとHortonworksが企業統合し、新生Clouderaが始動した。ビッグデータを捉え、エッジコンピューティングからAIまでカバーした業界初のエンタープライズ・データ・クラウドにより、企業におけるデータの...続きを読む
ツールだけでは実現不可能な“データの民主化”――データマネジメントの実践で押さえておくべきポイントとは?
誰もがデータにアクセスし、分析を行えるようにすることで、その価値を全社的に共有可能なものとする「データの民主化」。その実現に向け、多くの企業がBIによるデータ分析や、AIの活用を進めている。だが依然として「ツールを...続きを読む
分散処理のパワーで複雑なデータ処理を高速実行、ビッグデータの活用を加速する!
並列分散処理に特化したSIを主事業とするノーチラス・テクノロジーズは、分散環境上で複雑なバッチ処理を記述し、最適化し、高速実行するフレームワーク「Asakusa Framework」を開発・提供している。同フレームワークを基盤と...続きを読む
数度のブームを経たMDMの“現在”とは? 2019年こそマスタデータ管理に取り組むべき年
データ総研は1985年の創業以来、データマネジメントに特化したビジネスを推進してきた企業である。MDMという言葉が日本に広がる以前から、「マスタ統合」の名称のもとに、その必要性を訴え続けてきた。現在では、...続きを読む
AIを使いこなし、価値を生み出そう!――データ利活用によるビジネス変革
データ活用の切り札として関心が高まる人工知能(AI)。ただし、その活用で成果を上げるには克服すべき課題も少なくない。そうした中、AIの知見とノウハウで、すでに多くの実績を上げているのが日立製作所である。...続きを読む
デジタルトランスフォーメーション(DX)を支える全社横断データプラットフォームの重要ポイント
AIやIoT、クラウドなどの最先端技術を活用し、デジタルトランフォーメーション(DX)を加速する企業が増えている。そのチャレンジを根底で支え、デジタル戦略の核となるのがデータ活用だ。そこで求められるのは、社内外のさまざまな...続きを読む
現場主体の分析を支えるデータレイク――良し悪しを見極めるポイントとは?
データ分析の目的が多様化する中、その円滑な実施に向け必須の存在となっているのが「データレイク」だ。データレイクを利用すれば、その仕組みからデータ品質を高く維持でき、より大きな分析成果を期待できる。「データマネジ...続きを読む
マルチクラウドに分散するビッグデータを統合連携――iPaaSの活用でバリューチェーンを横断した洞察を導く
企業のIT基盤にパブリッククラウドが当たり前のように使われる時代となった。これに伴いオンプレミスのシステムと複数のクラウドサービスを連携させるデータ統合基盤の構築・刷新が急務となっている。そこで注目されている...続きを読む
デジタル変革の要となる「データカタログ」とデータ活用における4つの最新トレンド
今や多くの企業がAIやIoT等のテクノロジーを活用した、デジタルトランスフォーメーションへの取り組みを推進している。そこで鍵となるのが多様なリソースから収集されるデータの活用だ。しかし、オンプレミスやクラウド等に...続きを読む
データの重要な変化を見逃すな─Yellowfinが「シグナル機能」でさらに進化
BIツール「Yellowfin」が、最新バージョン「8」に搭載された「シグナル機能」でさらに進化を遂げた。ビジネスにまつわる社内外の膨大なデータ群を常にウォッチし、「これは見過ごしてはならない」という重要な変化を見つけて...続きを読む

データドリブン経営に挑む先進ユーザーたち

《 全日本空輸 》
「企業データ基盤」はこう創る!─ANAの“顧客体験基盤”構築の要諦
「心臓部にはデータとアナリティクスのプラットフォームが存在する」──これは米ガートナーのアナリストに「デジタルビジネス時代の企業情報システム ...続きを読む
米Fruit of the Loom
従来型DWHから「アナリティカルウェアハウス」への転換─米フルーツオブザルーム
データウェアハウス(DWH)をこのまま巨大なデータ倉庫として使うのか。それとも、ビジネスを成長させるプラットフォームとして使うのか。創業167年の ...続きを読む
《 日本たばこ産業 》
事業環境の変化と不確実性に対応―JTのビジネス変革を支えるデータ連携基盤
JTグループの経営課題に対し、ITでの貢献をミッションとする同社のIT部は、各種ビジネスの源泉である「データ」に着目。データ管理のサイロ化 ...続きを読む
Toyota Motor North America
北米トヨタなど先進企業が語る、“データドリブン企業”への転換の秘訣
「新しい通貨」「石油に代わる主要資源」など、今日のデータの重要性についてはさまざまな表現があるが、その収集と価値への転換で欠かせないのが ...続きを読む

データマネジメント注目事例

データ経営のあり方を再考する

PAGE TOP