CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ]

【第24回】成功するIoTのための実践計画

2015年10月19日(月)大和 敏彦(ITi代表取締役)

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)への関心が高まり、IoTを実現するための様々なテクノロジーが開発されている。これらを使ってビジネスを変革したり新規ビジネスを開発したりするチャンスであり、企業の成長や競争力へとつながる。今回は、IoTによるサービス化に向けた計画と構築について考えてみたい。

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の応用分野については、本連載では様々な角度から取り上げてきた。第19回で成功モデルを、第20回は大きな応用分野としてのIndustrial Internet(インダストリアル・インターネット)を、第23回ではビッグデータ分野の成功事例について、それぞれ述べた。

図1:IoTを実践するための3つのステップ図1:IoTを実践するための3つのステップ
拡大画像表示

 IoTの構築についても、第10回でシステム構築に関する考慮点を、第17回ではIoTを推進するに当たって検討すべきセキュリティについて触れた。さらにIoTのためのコンピューティングパラダイムであるフォグコンピューティング(Fog Computing)について、第21回第22回で取り上げた。

 これらを前提に、IoTを使ったサービスを実際に開発する際には、図1に示す計画と、構築、運用のステップが必要になる。

ステップ1:計画=ターゲットとゴールの設定

 これまでにも度々述べてきたように、「IoTシステムで何を実現するか」というターゲットとゴールの設定が最も重要である。企画のアプローチとしては、プロダクトアウトとマーケットインがある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】マーケットインでは市場を先読みする
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ一覧へ
関連記事

【第24回】成功するIoTのための実践計画IoT(Internet of Things:モノのインターネット)への関心が高まり、IoTを実現するための様々なテクノロジーが開発されている。これらを使ってビジネスを変革したり新規ビジネスを開発したりするチャンスであり、企業の成長や競争力へとつながる。今回は、IoTによるサービス化に向けた計画と構築について考えてみたい。

PAGE TOP