データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[市場動向]

今こそ実践!マスターデータ統合

2008年11月27日(木)

マスター統合によるエンタープライズ・データ統合——多くの企業の情報システム部門にとって、これは20年以上前から重要課題とされてきた。誰もが、きちんと整備・統合すべきことは分かっている。しかしデータの統合そのものは新たな収益を生まないし、何よりもシステムが動いているという現状がある。目に見える不都合はないため、常に先送りにされてきたのだ。

マスター統合によるエンタープライズ・データ統合——多くの企業の情報システム部門にとって、これは20年以上前から重要課題とされてきた。誰もが、きちんと整備・統合すべきことは分かっている。しかしデータの統合そのものは新たな収益を生まないし、何よりもシステムが動いているという現状がある。目に見える不都合はないため、常に先送りにされてきたのだ。

しかし、それももはや限界だろう。企業活動のIT依存度の高まりとインターネットによる経済のグローバル化の進展は、データの不整合はもとより、部分最適のデータを許さない。合理的な指標に基づく経営方針の策定や日々の経営実態の把握、顧客サービスの高度化、あるいはSOA(サービス指向アーキテクチャ)やSaaSといったITの活用・・・。様々なシーンでデータ統合が前提になってきた。

そこで本特集は、マスターデータ統合に焦点を当て、アプローチと具体的な方策、そしてマスターデータ管理向けのIT製品の状況を提示する。マスターデータ統合は決して単純でも簡単でもない。しかし企業情報システムの進化、そして経営の高度化に不可避な道である。(本誌)

 

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

今こそ実践!マスターデータ統合マスター統合によるエンタープライズ・データ統合——多くの企業の情報システム部門にとって、これは20年以上前から重要課題とされてきた。誰もが、きちんと整備・統合すべきことは分かっている。しかしデータの統合そのものは新たな収益を生まないし、何よりもシステムが動いているという現状がある。目に見える不都合はないため、常に先送りにされてきたのだ。

PAGE TOP