[製品サーベイ]

第4回 ASPを含めると31製品に達する メールの取得方法や検索性能は要チェック

2009年2月4日(水)

いざというときに備えるメールアーカイブ製品 日々、大量にやりとりされる電子メール。そのすべてを管理、保存するアーカイブ製品やサービスが増えている。単なるバックアップではない。好ましくないメール利用の抑止効果があるほか、取引先との訴訟など何らかのトラブルの際、電子メールは有力な証拠になり得る。リスクマネジメント上、電子メールのアーカイブは必須になりつつあるからだ。

今回調べたメールアーカイブ製品は、ASPまで含めると31種(表1)。添付ファイルを含めて保存する機能や、膨大になるストレージ容量を少しでも削減するための工夫、スパムメールなどを排除する機能、さらにインターネットメールをアーカイブする機能の有無などに違いがある。自社に最適な製品を選ぶのは決して簡単ではない。以下、選択のポイントを紹介する。

表1 主要メールアーカイブ製品一覧 画像をクリックでPDFをダウンロードできます pdf

ポイント(1) メールの取得方法

電子メールを取得し、アーカイブする方式には、ゲートウェイ型、エージェント型、パケットキャプチャ型など複数ある。製品がどの方式なのかによって、アーカイブ可能なメールに違いがあるので注意が必要だ。

「ゲートウェイ型」は、メールサーバーと外部ネットワークとの間にメールアーカイブシステムを設置。通過するメールを保存する。メールサーバーの種類に関係なく設置できる、メールサーバーへの負荷が軽い、などがメリットだ。しかしメールアーカイブシステムに障害が発生すると、メールの往来自体に影響を与えてしまう。基本的に外部ネットワークを経由しない社内のメールを保存できない問題もある。

「エージェント型」は、メールサーバーにメールアーカイブシステムを接続。メールサーバーを通過するメールをコピーして保存する。メールアーカイブシステムに障害が発生してもメールの往来に干渉しないし、社内メールも保存できる。デメリットは、メールサーバーにエージェントをインストールする必要があるため、利用可能なメールサーバーが限定されることだ。メールサーバーへの負荷も高くなる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

第4回 ASPを含めると31製品に達する メールの取得方法や検索性能は要チェックいざというときに備えるメールアーカイブ製品 日々、大量にやりとりされる電子メール。そのすべてを管理、保存するアーカイブ製品やサービスが増えている。単なるバックアップではない。好ましくないメール利用の抑止効果があるほか、取引先との訴訟など何らかのトラブルの際、電子メールは有力な証拠になり得る。リスクマネジメント上、電子メールのアーカイブは必須になりつつあるからだ。

PAGE TOP