[ユーザー事例]

ビッグデータを価値につなげる活用事例15(その2)

2013年12月10日(火)折川 忠弘(IT Leaders編集部)

ビッグデータを使って企業はどんな価値を導出し、事業に活かしているのか。先進的な日本企業15社の取り組み事例をまとめた。

ビッグデータを活用する機運が高まる中、実際に効果を上げる事例が出始めた。既存サービスの品質向上やマーケティング施策の精度向上、最新情報提供などの用途に活用する事例が多い。ここでは、代表的な企業の活用事例を紹介する。

  • ANA[空運業]

航空機に取り付けたセンサーを使って機体の重心を測定する。搭乗者数や荷物の重量データも収集し、乗客や積荷などをどう配置すれば重心を最適化できるか割り出す。重心位置を適正に保つことで、燃料費を削減できる

  • NTTドコモ[情報・通信業]

販売店やコールセンターに寄せられた顧客からの問い合わせなどを収集し、マイイング技術を使って分析する。分析結果を新商品の開発やサービス改善などに役立てる。携帯電話やスマートフォンから収集したデータ「モバイル空間統計」の販売にも乗り出す

  • エスエス製薬[医薬品]

Twitterから“風邪”に関する投稿を抽出/分析し、風邪が今後流行るのかといった兆候を探る。分析結果はWebサイト「カゼミル+」より配信する。天気情報を活用し、風邪に関する投稿数が、今後どう増減するのかを予測することも可能

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

ビッグデータを価値につなげる活用事例15(その2)ビッグデータを使って企業はどんな価値を導出し、事業に活かしているのか。先進的な日本企業15社の取り組み事例をまとめた。

PAGE TOP