[最前線]

M2Mを実現するためのアーキテクチャとオフィス機器管理に適用した具体例

2012年2月22日(水)

多種多様な機器とデータの統合管理に向けて 外部連携のための標準的なインタフェースを持たない機器を、どう接続し統合管理するのか。 M2MやIOT(Internet of things)の実現には、そのためのアーキテクチャやソフトウェアが必要になる。 本稿では、中間処理層であるゲートウェイを介して機器を接続するアーキテクチャを提案する。 ゲートウェイにより様々な機器のインタフェースを抽象化し、統合管理を可能にするアプローチだ。 多様なプリンタや複合機を有する米国の大手ユーザー企業で実施したパイロット運用により、 このアーキテクチャの有効性を検証している。(本誌) ※本記事は日本IBM発行の「PROVISION Fall 2011 No.71」の記事を一部編集して掲載しています。

あらゆるものが互いに接続されて連携可能な状態になる「Interconnected」─。これは、環境やエネルギーなど地球規模の課題をITの活用で解決するためにIBMが提唱するビジョン「Smarter Planet」における重要なコンセプトである。さまざまな情報が集約、統合されることで新たな知見が得られ、よりスマートな意思決定が可能になる。

近年、高度化と複雑化が進む多くの機器から得られる情報を有効活用すると共に、適切に機器を制御することによって新たな価値を提供することが期待されている。しかし、現状の機器はIT管理システムと有機的に統合されていない。データ収集や制御は機器ごとに局地的に行われており、統合管理のための課題は多い。

本稿では、ユーザー企業から統合管理の要望が強いオフィス機器環境に焦点を当て、多数かつ多種多様な機器を管理する上での課題と要件を明確にする。さらに、新たな要件に応える統合機器管理アーキテクチャを提案する。このアーキテクチャは機器の効果的な統合管理を可能にし、環境負荷やコスト削減に加えて、サービス向上のような新たな価値を提供できる。

以下では、まず統合機器管理の現状の課題と要件を整理する。そのうえで統合機器管理アーキテクチャの概要や、リコーなどと共同で実施したパイロット運用でのアーキテクチャの評価結果と考察を述べる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
最前線一覧へ

M2Mを実現するためのアーキテクチャとオフィス機器管理に適用した具体例 多種多様な機器とデータの統合管理に向けて 外部連携のための標準的なインタフェースを持たない機器を、どう接続し統合管理するのか。 M2MやIOT(Internet of things)の実現には、そのためのアーキテクチャやソフトウェアが必要になる。 本稿では、中間処理層であるゲートウェイを介して機器を接続するアーキテクチャを提案する。 ゲートウェイにより様々な機器のインタフェースを抽象化し、統合管理を可能にするアプローチだ。 多様なプリンタや複合機を有する米国の大手ユーザー企業で実施したパイロット運用により、 このアーキテクチャの有効性を検証している。(本誌) ※本記事は日本IBM発行の「PROVISION Fall 2011 No.71」の記事を一部編集して掲載しています。

PAGE TOP