[市場動向]

M2Mに注目すべき理由と勘所 PART 2

2012年2月7日(火)

企業ITにおけるM2Mの位置づけ 自販機に自動車、スマートメーター。農業、医療、交通、生産、防犯etc.。 M2Mとクラウドが組み合わさって、スマートな社会や事業がつくられる…。 ITの新しい姿は理解するけれど、多くのIT部門にとってM2Mは縁遠い存在。 本当にそうなのか?「3つの関わり」で即戦力となるM2Mの重要性を説く。

企業ITという言葉には、大きく2つの対象が含まれる。ひとつは情報システム。基幹系を中心に企業活動を支える。もうひとつは、事業の製品・サービスのIT化。機器に通信がつながり、商品にRFIDがつく。店頭にはデジタル・サイネージがあり、農産地からは生育の様子がセンサーやカメラで刻々と伝わる…。製品やサービスにITを組み合せ、新しい価値を創造する。

IT部門は長い間、情報システムを担ってきた。今では、システムだけでなく、業務プロセス全体を描き、実現を支えている。一方、製品・サービスのIT化は一般に、製品開発の発展上にあり、情報システムとは分離した形で進められてきた。当初は、IT部門が関与しない例も多かった。IT部門に担当があっても孤立しがちだった。

しかし、事業の視点で業務プロセスを見れば、そこに情報システムと製品・サービスのシステムとが揃って存在することは当然である。少なくとも、業務プロセス上に双方が位置付き、データの接点を持たなければならない。

まして、プロセスのリアルタイム性が増し、データを使ったより高度なサービスを実現するようになれば、製品・サービスと情報システムの密着度は高くなる。だからといって、情報システムと製品・サービスを直に密結合することは適切ではない。求める特性が違い、多様性や変化の頻度が異なる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2

M2Mに注目すべき理由と勘所 PART 2企業ITにおけるM2Mの位置づけ 自販機に自動車、スマートメーター。農業、医療、交通、生産、防犯etc.。 M2Mとクラウドが組み合わさって、スマートな社会や事業がつくられる…。 ITの新しい姿は理解するけれど、多くのIT部門にとってM2Mは縁遠い存在。 本当にそうなのか?「3つの関わり」で即戦力となるM2Mの重要性を説く。

PAGE TOP