[イベントレポート]

畜産の”M2M”、大分のベンチャーが全国展開へ~MCPC award 2012で審査委員長特別賞を受賞

2012年4月23日(月)

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)は4月20日、「MCPC award 2012」を開催。グランプリ候補5社(組織)がノミネート講演を行った。

「畜産の世界にM2M(マシン・ツー・マシン)、より正確にはM2A(マシン・ツー・アニマル)を持ち込み、牛の体温管理を遠隔管理できるようにした。牛がいつ分娩するかを知ることができ、牧場主は必要な措置をとれる。その結果、何もしなければ4%の死産率を1%以下に下げることができた。『たかが体温、されど体温』でもある」--。

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)は4月20日、「MCPC award 2012」を開催。グランプリ候補5社(組織)がノミネート講演を行った。筆者は、そのうち2つしか聴講できなかったが、それでも内容は十分以上に面白く、かつユニークだった。冒頭のコメントはその1社であるリモート(本社大分県別府市)の宇都宮茂夫社長が語ったもので、同社は審査委員長特別賞を獲得した。リモートの「M2A」とはどんな取り組みなのか、中小企業賞を獲得した別の1社の習志野台整形外科のノミネート講演と併せて報告する。

“Machine to Animal”の発想で牛の体温管理を遠隔管理
死産率の劇的な改善に取り組む

リモートで面白いことの1つは60歳前後と見られる宇都宮氏の経歴。氏は農業高校を卒業後、家業である農家を継いだが、40年前だけにハードな肉体労働の割には儲からず、リスクも大きい。10年ほどで見切りをつけて日本テキサスインスツルメンツ(TI)に入社し、半導体の開発業務などに20年以上携わった。50歳のころ日本TIがリストラを実施。管理側でリストラする立場だった氏は、道義的な責任を感じて退社した。10年ほど前に再び農業(畜産)の世界をのぞいてみると「何も変わっていないことを知った」という。

ここで農業に関わる経験と問題意識がITと結びつく。氏は家畜の分娩予知システムの開発に着手し、牛の体温を遠隔監視するシステム「牛恩恵(ぎゅうおんけい)」に結実した。これは自社開発した温度センサーをメス牛の膣に装着。1分に1回程度の頻度で牛の体温を計り、電池残量などの情報とともに専用受信機経由で、リモートに設置した監視サーバーに集約するものだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

畜産の”M2M”、大分のベンチャーが全国展開へ~MCPC award 2012で審査委員長特別賞を受賞モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)は4月20日、「MCPC award 2012」を開催。グランプリ候補5社(組織)がノミネート講演を行った。

PAGE TOP