[市場動向]

モノが情報発信源となる新たな価値観 PART 1

新時代のM2Mを知る

2012年1月31日(火)力竹 尚子(IT Leaders編集部)

これまで特定用途に限られていたM2Mの適用範囲が、 通信モジュールの低価格化やセンサー技術の進化を背景に急激に広がろうとしている。 M2Mにより、あらゆるものがネットワークにつながり、データを発信するようになる。 それはユーザー企業にどのような可能性を拓くのか。

機器の振る舞いをセンシングし、そのデータをネットワーク経由で収集。業務に役立てようというM2M(Machine to Machine)への動きが活発化している。と言っても、M2Mは決して新しい概念ではない。建機やエレベータの稼働状況を遠隔監視するといった用途を中心に、10年ほど前からすでに実用が進んでいる。

ではなぜ今、改めてM2Mなのか。背景の1つは、通信モジュールの低価格化が進み、導入しやすくなったことだ。これまで、通信モジュールの価格は1台当たり2万〜3万円と高く、高額な機器でないとコスト的に見合わなかった。しかし、ここ数年でそうした状況は解消されつつある。モジュール単価は現在、1万円前後。今後さらにこうした傾向は進行し、数年後には1モジュールあたりの価格は数千円にまで下がるという見方が一般的だ。そうなれば、低額かつ大量の機器への搭載が容易になり、M2Mの普及に弾みがつくことは間違いない。

M2Mが脚光を浴びるもう1つの背景に、センサー技術の向上がある。収集できるデータの種類が格段に増え、単なる遠隔監視を超えたより高度なビジネス利用の道が見えてきた。ガートナー ジャパンリサーチ部門テクノロジ&サービス・プロバイダーの田﨑堅志バイスプレジデントは「流量や温度センサーといった従来からある技術に加えて、位置情報や加速度を検知するセンサーなどが次々に実用化されてきている」と指摘する。「各種センサーが発信するデータは、企業にとって宝の山。様々な種類のセンシングデータを組み合わせて価値を見出すことにより、新たなサービスを創出できる。M2Mは、経済の成熟を乗り越えるために不可欠なインフラになる」(同氏)。

配送中の荷物が位置情報を自ら発信

こうした流れにいち早く乗り、成果を出しているのがヤマトシステム開発だ。同社は2005年、「e-ネコセキュリティBOX」を提供開始した(図1-1)。これは、通信やGPSチップなどを搭載。ネットワーク経由の監視や開閉ログの取得といったセキュリティ機能を持たせた専用ボックスをレンタルする法人向けサービスである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連キーワード

M2M / IoT / テレマティクス

モノが情報発信源となる新たな価値観 PART 1これまで特定用途に限られていたM2Mの適用範囲が、 通信モジュールの低価格化やセンサー技術の進化を背景に急激に広がろうとしている。 M2Mにより、あらゆるものがネットワークにつながり、データを発信するようになる。 それはユーザー企業にどのような可能性を拓くのか。

PAGE TOP