【Special】

BigDataに備える

2011年5月26日(木)

企業が扱うデータ量が、ペタバイト規模で語られる「BigData」時代が到来しようとしている。その時に備えて、どんなテクノロジーに注目しておくべきなのか。大規模データのハンドリングや分析手法など、注目すべき記事を以下に紹介する。

特集

  • 「情報分析」と「行動」を直結させるBI

    この情報爆発時代、データに翻弄される危惧を抱くのではなく、企業価値を一気に高める好機ととらえたい。膨大な情報の中には必ずや、収益に結び付く鉱脈が埋もれているはずだ。それを発見するには、精度や鮮度を持ち合わせたデータをスピーディーに分析する仕組みが不可欠となる。幸い、DWHアプライアンスやインメモリーDBなど、分析力に磨きをかけるBI関連のテクノロジーは着実に進化している。情報分析で得た仮説を、行動を持って検証する。極めて基本的ではあるが、そのサイクルを確実に実践し、加速する企業が1歩先んじることになる。

  • ストレージの「今」を知る

    企業が取り扱うデータは増え行く一方だ。格納場所となるストレージを個別システムごとに用意するのは、ディスクの使用効率や運用の手間などの観点から、あまりにもムダが多い。ユーザーの悩みを解決すべく、ストレージベンダー各社は仮想化や階層化、重複排除などの技術に磨きをかけている。用途ごとにいかに統合を図るか。BigData時代に備え、ストレージを巡る最近動向を伝える。

  • クラウドアプライアンス〜IT基盤の次の一手

    プライベートクラウド環境を手早く導入する方法はないものか─。こうしたニーズに応じて登場してきたのが「クラウドアプライアンス」だ。リソースプールの形成や仮想マシンの稼働、各種運用管理などに必要なハード/ソフトをワンボックスに詰め込み、事前検証を済ませた状態で提供する。その実力はどれほどのものなのか。最新動向を紹介する。

海外最新動向

テクノロジー解説

コラム(読み物)

ニュース

関連記事

BigDataに備える企業が扱うデータ量が、ペタバイト規模で語られる「BigData」時代が到来しようとしている。その時に備えて、どんなテクノロジーに注目しておくべきなのか。大規模データのハンドリングや分析手法など、注目すべき記事を以下に紹介する。

PAGE TOP